現代社会において、クレジットカードは現金に次ぐ決済方法として広く利用されています。

店頭での買い物だけでなく、インターネットの通信販売やオークション、公共料金の支払い、家賃など、クレジットカードを利用して代金を支払うことのできるようになっておりますので、もはや所有することが必須とも言える状況にあると言えます。



多くの場合は、クレジットカードの審査に通過する条件として、成人であることとある程度安定した収入のあることが求められます。また、その条件に満たない未成年者でも保護者の同意がある場合や、学生で安定収入がない場合においても、カード会社によっては作成が可能な場合もありますのでチェックすると良いでしょう。

今までクレジットカードを所有していなかった人が、新たに作成するタイミングとして最も良い時期は、新社会人となり新生活を始める時期がおすすめです。



できるだけ早い段階で取得し、安定した利用実績を積み上げることでクレジットヒストリーが良好であると判断されますので、融資額の増額や上級カードへのインビテーションが受けやすくなるというメリットがあります。

また信用情報が良い場合には、車や住宅などの購入に関してローンの審査にプラスとなる可能性もあります。



社会人としてクレジットカードを使いこなし、入金を確実にこなしていくことはこれから先に大きなプラスとなることでしょう。


新社会人でも加入しやすいカードはいくつもありますので、比較サイトなどにアクセスし、自分の生活スタイルに合った一枚を選ぶことをおすすめします。