個人事業主にとって、確定申告の時期は大忙しです。

会社勤めであれば経理作業は会社がやってくれますが、自営業者は自分でやる必要があります。



経費を個人用のクレジットカードで支払っていると、いつのまにか立て替えた経費の精算を忘れてしまうこともあります。

結果的に決算時や確定申告の時に余計な経理作業が発生したり、税務調査で引っかかるといったトラブルの確率が高くなります。

これを防ぐのに使えるのが、ビジネスカードです。


法人登記の会社の代表者をはじめとして、個人事業主でも利用できます。

オフィスの水道光熱費や接待費、交通費や出張の際の宿泊費など利用できる範囲が広いです。

ビジネスのための経費はビジネスカードで払うように分けておけば、個人用のクレジットカードでまとめて支払っていた時のような煩わしさから解放されます。

webで明細利用書をチェックすれば、いつどこで何にいくら使ったかをはっきり確認することができます。

従業員がいる場合は従業員の利用履歴を管理することもできます。



ビジネスカードによっては、ポイントが貯まるものもあるので、うまく活用していけばポイントを使って得をすることもできます。
個人用のクレジットカードでビジネスのための費用を払っていて、頭が混乱するという人はビジネスカードを作ってみるといいでしょう。



会計ソフトと連動させておくと、利用明細のデータが会計ソフトに自動的に取り込まれるので改めて入力し直す手間が省けます。