クレジットカードを使えば、現金無しで精算が出来るので便利です。

数万円の多額の決済でも、カードを1枚出せばOKなので、大金を持ち歩くリスクが減らせます。クレジットカードを切った金額に合わせてポイントが付きます。

このポイントは、飛行機のマイルに換算することもできるので、カードを使っていただけなのに、海外旅行に行けるだけのマイルが貯まることもあります。


カードを落としてしまったとしても、気づいた時点でカード会社に連絡すれば使用をストップしてもらえます。



見知らぬ誰かが使用した記録は消してもらえるので自分が支払う必要はありません。

気づいたときにすぐに連絡できるよう、携帯電話にカード会社の連絡先を登録しておくと安心です。


クレジットカードには海外旅行保険が付帯していることがあります。

海外旅行では、いろいろなトラブルが付きものです。

旅行前にカードの付帯条件をチェックしてみると良いです。

食べ物や気候が合わなくて体調を崩し、現地の病院に行くことがあるかもしれません。



日本と違って海外の病院は、1回に掛かる診察費用が高額なことで知られています。


1回診察してもらっただけで数万円請求されるのは普通です。



もし入院することになったら1晩で何十万円も請求されることも考慮しなければなりません。

クレジットカードに付帯する海外旅行保険は、このような万が一のことを補償してくれます。

補償の条件はカードによって異なるので、必ず事前に確認をしてください。