クレジットカードを利用する上で避けて通る事が出来ないのがカード会社が行う審査です。審査に通過するために一番大切なことは過去に金融事故を起こしていないことです。

クレジットカード会社は取引履歴を信用情報登録機関に全て登録しています。

クレジットカードの審査の際には必ず信用情報登録機関の信用情報を照会しますが、過去に金融事故を起こした履歴がある場合には必ず分かるシステムとなっています。



カード会社の基準にもよりますが金融事故の記録がある人に対してはカード会社は厳しい対応となる可能性が非常に高くなります。

金融事故を起こしていない場合でも審査が厳しくなる場合があります。

それはクレジットカードやキャッシングなどの連続申し込みです。



申し込み履歴も信用情報登録機関に記録されています。

連続申し込みがある場合には、お金に困っており下手にカードを発行すると未払いになる可能性が非常に高いとカード会社は判断します。
そのため連続申し込みをした時には信用情報登録機関から申し込み履歴が削除される半年間は審査の申し込みを待つ必要があります。職場の規模も大切な要素になります。

カード会社としては安定した給与がないと未払いになる可能性を考えます。

公務員や上場企業であれば問題ないですが、自営業だとカード会社は慎重になります。



自営業の人が確実にクレジットカードを発行してもらうには市役所が発行する税の証明書を提示した方が良いです。