クレジットカードが使えるお店は増えています。

一昔前では使えなかったところでも、今では使えるというところは多いです。
例えば、コンビニは一昔前は使えるところが少なかったものですが、現在では、大手コンビニチェーンではすべてのところで使うことができます。


その他、ファーストフード店やスーパーマーケットなど、日用品の購入をする場所で使うことができます。
日用品は毎日のように購入するものですので、その際にクレジットカードを使えることは、ポイントを貯めることができてお得です。

また、小銭が発生しないので、財布を軽い状態に保つことができます。



クレジットカードはこのように使える場所が増えていて、現金がなくても生活をすることができるような時代になっています。
しかし気を付けないければならない点があります。
それは、カードを利用するということは借金を造ることを意味します。

借金であるため、返済をしないと信用情報を傷つけてしまいます。

つい手軽に使えるからといってたくさん使っていては、支払日に支払いをすることができなくなりますし、リボ払いや分割払いでは高い利息を支払わなくてはならなくなります。

以上の理由から、きちんと計画的に使うよう心がける必要があるでしょう。



それさえ気を付けておけば、クレジットカードは便利な存在です。ポイントもたまりますから、普通に買い物をするよりも便利なことになります。

したがって、注意して使うようにしましょう。