クレジットカードの支払いについては、「リボルビング払い」というような言葉がよく使われますので、耳にした方も多いことでしょう。

しかし、この、クレジットカードによる「リボルビング払い」というものは一体どのようなものなのか、それは「分割払い」とはどう違うのかなど、疑問に思われた方もおられることでしょう。


そこで、ここではこのクレジットカードにおける「リボルビング払い」について説明していくことにしましょう。

まず、「分割払い」というのは、商品一点ごとに設定された支払回数に従って、毎月一定の金額を払っていくという仕組みです。これに対して、「リボルビング払い」というのは、毎月の支払金額を入会時に設定することになります。

ですから、カードの利用回数や利用金額にかかわらず、毎月一定の金額を支払っていくことになるわけです。



もちろん、カードによる支払いの限度額というものはあるわけですが、多額の買物をしていくと、それだけ返済期間が延びるということになります。
そして、返済期間が延びるということは、その間に支払わなければならない利息の分も増えていくということになるわけです。



ですから、クレジットカードをはじめて使うというような初心者の場合には、なるべく、「リボルビング払い」は避けたほうが良いと言えるでしょう。
また、クレジットカードを使う機会が多いという方の場合にも、「リボルビング払い」は避けたほうが得策かもしれません。