クレジットカードは、手元に現金がなくても買い物ができる魔法のようなアイテムです。

また、各会社が発行しているクレジットカードの中には、商品やサービスの支払いに使えるポイントを貰えたり、その他商品やサービス自体を無料でプレゼントされたりと、使えば使うほどお得になるものが多く発行されています。



このように、正しく利用できれば非常にお得な買い物ができるようになりますが、正しい使い方があるということは、誤った使い方もあるということです。

クレジットカードを利用する際には、誤った使い方の方も必ず押さえておかなければなりません。
まずは、計画性のない使い方です。
中でも一番多いのは使いすぎであり、返済ができなくなってトラブルになる人は多いです。

現金を用いないので決済している感覚が無くなり、つい無駄遣いをしてしまう心理になりやすいので、用いる前に必ず今後の返済を考えるようにしましょう。



次に、どこのクレジットカードを使うかを決めることです。
現在では様々な会社がサービスを提供しているので、選ぶのが面倒になった結果として、メディアなどで一番見かけるものを選ぶという人が多いです。


しかし、メディアでよく見かけるものや、多くの人が使っているものなどが必ずしも自分の生活に合うとは限りません。



基本的には、自分がよく行くお店や、好きなお店などが提携しているクレジットカードを選ぶと自ずと使う回数が増えるので、お得に利用することができるでしょう。

紛失時の対応についても、基本的なことを知っておかなければなりません。

各会社によって異なることはありますが、まずは各会社への連絡によって利用を停止することはおおむね共通しています。

また、他人のカードを拾ったときにも、正しい対応ができるようにしておきましょう。