クレジットカードと言えば、ショッピングローンのイメージが強くあり、所持することに抵抗を感じる人も少なくありません。


実際に、返済できずに困っているという話を聞くと、なおさらその意識は高まります。

一方で、現金を持ち歩くのは期間だという理由で、持ち歩く人もいます。

例え、盗難に遭ったとしてもすぐに利用を差し止めることができますし、保険もかかっているので安心です。
さらに、最近ではデパートや各種ショップとの提携カードが増えています。

提携カードの強みと言えば、なんといっても会員だけのバーゲン情報がいち早く届けてもらえるほか、ポイントの付与率が高くなることです。


お気に入りのデパートやショップがあるなら、提携カードでお買い物をする方が断然お得です。



セキュリティ、ポイント、各種情報を優先して取得できることを考えると、クレジットカードは所持しておく方が得策です。

そこで、大切になるのが使い過ぎ防止策ですが、クレジットカードは作り過ぎないことが一番の防止策になります。



様々なショップで提携カードは取り扱われていますが、何枚も作ってしまうと、どのカードでどれだけ使用したかわからなくなってしまい、使い過ぎてしまうことがあるのです。

数枚に絞ることで、自己管理ができますし、ポイントも溜まりやすくなりますので、クレジットカード本来の恩恵を最大限、受け取ることができるのです。



クレジットカードは非常に安全で利便性の高いアイテムですから有効に活用したいものです。