クレジットカードの審査には通るものと通らないものがあり、その理由は、カード発行会社や種類によって、審査基準が異なるためです。

審査については、どの会社でも基本的な内容は同じですが、スコアリング審査の基準が異なるため、同じ属性でも、審査に通る確率が変わってきます。



クレジットカードの審査に落ちてしまう理由の中で一番の原因となっているのは、個人信用情報です。



もし、属性になんの問題もないのに審査に落ちてしまったという方は、その個人信用情報が原因となっている場合があります。

個人信用情報に問題がある場合は、リスクが高いと判断されるため、審査に落ちてしまう事になってしまいます。

クレジットカードの審査に通らない理由には、申込者の年収や勤続年数などの属性がカード発行基準を満たしていない、個人信用情報機関に登録されている内容に延滞や地縁などの事故情報が存在している、個人信用情報機関にカードやローンの利用履歴がまったく存在していないなどの理由が挙げられます。
申込者属性がカードの発行基準に満たしていないということは、カード会社が重視する属性である年収や勤続年数、居住年数、雇用形態などがあり、それを満たしていない場合には、安定性が低い、返済能力が低いとみなされてしまいます。

信用情報機関に登録されている情報に延滞や遅延、債務整理、多重債務などのネガティブな情報がある場合は、それらの情報が抹消される次期まで待たないと審査に通ることはできません。
最後に、クレジットカードを今まで使ったことがない方の場合、情報がまったく登録されていないという状況になってしまうため、過去に金融事故を起こして、そのデータが抹消されたばかりの人と同じデータとなってしまうため、怪しいと思われて審査に落ちてしまう場合があります。

クレジットカードやローンなどの利用履歴を作るためには、携帯電話本体の分割購入することで利用履歴が作れます。