クレジットカードは会社ごとに受けられるサービスが異なりますが、何枚持ったからといって得になるわけではありません。


必要以上の枚数を持つ必要はありません。

通常であればどんなに多くても3枚以内に納めたほうが良いでしょう。



多く持てば持つほど、それだけ盗難・紛失のリスクや不正利用されるリスクが上がることになります。
また支払いが滞ってしまう原因にもなり得ますので気をつけましょう。


クレジットカードの違いによって特定のサービスに対して、利用者に還元する仕組みになっているので、自分の受けたい特定のサービスを選んでから発行するカードを取得することをおすすめします。

クレジットカードの選び方としては、利用先や目的を明確にして、自分にとってどのメーカーが一番有効であるかを比較し検討しましょう。

特定のスーパーをよく利用する、海外旅行によく行く、飛行機によく乗る、ネットショッピングをよくする、新幹線によく乗るなど、すべての状況によってお得なカードの種類は違います。



また年会費がかかる、かからない、保証がついている、ついていないなど、多岐多様に渡っています。

年会費の金額も年1、000円のものから数十万円のものまで、ピンかりキリまで存在しています。



年会費が高ければ一般的にはそれだけ還元率が高かったり、手厚い保証がついてきますが、支払うのが大変なくらいの金額の年会費のカードを持っていても意味はありません。

身の丈にあっているカードの種類を選ぶようにしましょう。