クレジットカードを持っていると、お金を持っていないいざという時に役立ちます。うっかり銀行でお金を下ろすのを忘れていて、お財布に一枚もお札が無かったという経験がある人も多いはずです。



レジで精算したときに財布を開いたらお金がなくて焦ることもあるかもしれません。

そういうときにクレジットカードが1枚あると便利です。



今では多くのお店でクレジットカード払いを受け付けているので、その場をしのげます。

クレジットカードが有れば少額から多額の決済が可能です。

クレジットカードにはポイント制度が付いているのが一般的です。

決済に使った額に応じてポイントが加算されます。



これらのポイントは、料金の精算に使えたり、マイルに変換できたりと、カードを使えば使うほど消費者に還元される仕組みです。
最近では家賃や光熱費をカードで払う人が増えました。
年金もカード払いを受け付けていることもあります。

全ての生活費のコストをカード払いにすれば、毎月意識しなくてもポイントが溜まっていきます。

百貨店やショップでオリジナルのカードを作っている場合があります。
提携のお店でカードを切ると、ポイント付与率がアップします。
いつも使うコンビニやスーパーマーケットでカードがあれば、その提携カードを作るのもポイントゲットのコツです。カードにICチップが入っていて、電子マネーにも使えます。


サインやPIN番号の入力をせずとも決済ができるのがメリットです。