家計管理といえば家計簿をつけるというのが定番ですが、記録をつけているうちに面倒になってしまうこともあります。

面倒で途中で挫折してしまったという人は、家計簿ではなくクレジットカードを活用して家計管理をすると楽になります。
家計のお金は、固定費と変動費に分けて考えます。



固定費は電気や水道、ガスといった公共料金や携帯やプロバイダーのお金です。



月に一度必ず出ていくお金は、クレジットカード払いにするといいです。

クレジットカードは毎月決まった日に自動引き落としにできるので、これで払えば楽です。また、現金払いに比べてポイントが貯まるというメリットもあります。

クレジットカードの利用明細書を確認すれば、家計簿をつけなくても季節によって変わる固定費のカテゴリも管理しやすくなります。


例えば冬はガス代が高いと思ったらガス代を節約する工夫をするなど、新たな対策を考えられるようになります。


変動費は食費や日用品などいろいろなものが含まれます。

月によって変動する変動費も、クレジットカードで払うとポイントが貯まります。

少額の買い物であればサインなしで使えるので、現金を数える面倒な手間を省けます。
また、変動費には医療費も含まれますが、大学病院や総合病院といった大規模な医療機関であればカード払いに対応しているところもあります。
バラバラになりがちな家計のお金は、カードで払うようにすると後で明細書を確認するだけで家計簿をつけているような感覚で管理できるようになります。