クレジットカードが現金での買い物と比べてお得であるのは、ポイントプログラムがあるからです。


ポイントプログラムとは、クレジットカードの決済に応じてポイントが貯まるシステムです。



貯まったポイントを景品と交換することができたり、他社ポイントと交換できたり、支払いに充当させたりすることができます。
現金での買い物ではこれが貯まることは有りませんので、明らかにお得です。


ただし、お得であるからといって使いすぎてしまうと、かえって損をする可能性もあります。

それは、無駄遣いをしてしまう場合があるからです。

クレジットカードについての情報を提供しています。

本来であれば使っていなかった支出をしてしまえば、いくらポイントが貯まるからといって無駄な支払いが増える事には変わりがありません。
また同様に、分割払いやリボ払いで購入をすれば、高い利息を支払っていかなくてはならないため、いくらポイントが貯まってもトータルで見ると大幅なマイナスになります。

これらのことから、クレジットカードを使う際には無駄遣いをしないよう心がける必要があります。

以上のようなことに気を付けて使えば、本当に便利なのがクレジットカードの良いところです。
現金なら、お金を銀行などに行っておろさなくてはなりませんが、クレジットカードならばおろしに行く必要がありません。



これだけでも便利ですが、高額の決済をする場合に紛失や盗難のリスクを感じずにいられますし、決済の時間も短縮されるので非常にスマートです。